自動車工学リサーチ・センター新着情報Read the Latest News of NU-CAR

 

平成27年度新規賛助会員募集中!

平成27年度が始まり,賛助会員各社の皆様には更新手続きをさせていただくとともに,新規賛助会員の皆様も募集中です.施設見学等も含め,検討中の各社様からの問い合わせは随時受け付けております.お気軽にお問い合わせください.

基礎講習会【自動車の振動と騒音中級講座】開催のお知らせ

自動車の振動・騒音に関する基礎をわかりやすく解説すると同時に,具体的な実例を示すことにより有用性についても理解して頂くことを目的に,「自動車の振動と騒音中級講座」を開講いたします.また,最新の高周波音響特性予測技術についても解説します.

【日時】

  • 2015年3月27日(金)
  • 13:30-17:00

【講義内容】

  1. 低周波から高周波の振動騒音発生メカニズムの説明
  2. 中高温は領域のNV現象とその対策手法の説明
  3. SEAの基礎,SEAハイブリッド手法,SEA/FEMハイブリッド手法
  4. 防音材のBitモデルについて

国内最大級の産学連携・自動車CAEフォーラム開催迫る!

Automotive Engineer's Guideでも紹介されています

日本大学生産工学部自動車工学リサーチ・センターは,「自動車技術に関するCAEフォーラム2015」を開催します.このフォーラムには日本の代表的な自動車会社7社,さらには名古屋大学,ミシシッピ州立大学からCAEのエキスパートがプログラム委員として参画,約20セッションの招待講演を審議,タイトルと講演者を決定しております.自動車の研究開発に関わる技術者の方はもとより,自動車業界への就職を考えている学生の皆さんにとって,今後の自動車技術に関するCAEを知り,そして考えるとても有益な国際会議です.入場は無料ですが,事前申し込みが必要です.

続きを読む: 国内最大級の産学連携・自動車CAEフォーラム開催迫る!

"スコアが良くなる運転姿勢"記事に取材協力

車でゴルフに行く皆様必見!,”スコアが良くなる運転姿勢”というゴルフ雑誌 「Golf Digest」最新号(2015年1月号)の記事に,日本大学生産工学部 自動車工学リサーチ・センター(NU-CAR)が協力しました.このような内容の取材は初めてでしたが,NU-CARで人間工学を専門とする先生2名が取材に対応して記事はできあがりました.NU-CARでは,自動車に関する様々な取材に応じることができます.自動車に限らず,鉄道や航空機の専門家の先生もおりますので,何なりとお問い合わせください.

産学連携・自動車技術に関するCAEフォーラム2015を開催しました

2015年2月24日(火)~25日(水),NU-CAR主催によるCAEフォーラム2015を実施し,東京・お茶の水のソラシティカンファレンスセンター会場が満席となる多くの皆様にご参加いただき,自動車研究開発・設計・製造におけるCAE(Computer Aided Engineering)の現在と将来に関して,産業界と皆様と共に議論し考えるとても良い機会ととなりました.

パネルディスカッション

続きを読む: 産学連携・自動車技術に関するCAEフォーラム2015を開催しました

緊急フォーラム2015年1月16日(金)「自動車技術に向けた産官学連携について」を開催しました

緊急フォーラム

ヨーロッパ等では産官学の連携が非常に活発に行われており、特に自動車工学分野では欧州の自動車産業を支える一助となっているとの評価すらされています。しかし、我が国ではこのような連携がこれまで十分ではなく、近年やっと原動機関係において内閣府SIPを受けてコンソシアムがスタートを切りました。これに関連して、本自動車工学リサーチ・センターの活動の中でも、企業の方々からこのような産官学の連携を望む声が聞かれるようになりました。

続きを読む: 緊急フォーラム2015年1月16日(金)「自動車技術に向けた産官学連携について」を開催しました

副センター長がNHK英雄たちの選択に出演します

2015年3月12日(木曜日)20:00~21:00,NHK BSプレミアムの「英雄たちの選択」にNU-CAR副センター長の古市先生が研究室の学生達と一緒に出演します.番組HPの出演者リストには名が挙がってませんが,番組中,三方ヶ原の戦いの真実を明かすコンピュータシミュレーションの専門家として登場します.番組では,最近発見された新資料にもとづいて我々が開発したコンピュータシミュレーションにより三方ヶ原の戦いを再現し,歴史家の磯田道史先生を中心に,考古学者の千田嘉博先生,哲学者の萱野稔人先生,歴史学・国際政治学者の小谷賢先生,脳科学者の中野信子先生等が語ります.元々は災害時における効果的な避難誘導方法の解明等での使用を目的として開発を行ったモデリング&シミュレーションのための実行基盤FUSE,最近は歴史家の研究支援を目的として利用される機会が増えてきました.お見逃しなく!

番組のホームページ→ http://www4.nhk.or.jp/heroes/