NU-CAR新着情報Read the Latest News of NU-CAR

 

国内最大級の産学連携・自動車CAEフォーラム開催迫る!

日本大学生産工学部自動車工学リサーチ・センターは,「自動車技術に関するCAEフォーラム2015」を開催します.このフォーラムには日本の代表的な自動車会社7社,さらには名古屋大学,ミシシッピ州立大学からCAEのエキスパートがプログラム委員として参画,約20セッションの招待講演を審議,タイトルと講演者を決定しております.自動車の研究開発に関わる技術者の方はもとより,自動車業界への就職を考えている学生の皆さんにとって,今後の自動車技術に関するCAEを知り,そして考えるとても有益な国際会議です.入場は無料ですが,事前申し込みが必要です.

続きを読む: 国内最大級の産学連携・自動車CAEフォーラム開催迫る!

緊急フォーラム2015年1月16日(金)「自動車技術に向けた産官学連携について」開催決定!

緊急フォーラム

ヨーロッパ等では産官学の連携が非常に活発に行われており、特に自動車工学分野では欧州の自動車産業を支える一助となっているとの評価すらされています。しかし、我が国ではこのような連携がこれまで十分ではなく、近年やっと原動機関係において内閣府SIPを受けてコンソシアムがスタートを切りました。これに関連して、本自動車工学リサーチ・センターの活動の中でも、企業の方々からこのような産官学の連携を望む声が聞かれるようになりました。そこで、この度、車両運動・制御関係、CAE関係を中心とした産官学連携の第一段階として、当リサーチ・センターでは、微力ながら標記産官学連携フォーラムを企画いたしました。このフォーラムは3部に別れており、第一部が下記講演会、第二部がこれを受け今後の連携に向けたフリートーキング、第三部が懇親会となります。この機会に是非ご参加頂き、ご議論に加わってい頂き,また多くの方々と今後の連携に向けて懇親を深めて頂ければと願っている次第です。多くの方々のご参加をお待ちしております。

「ドライバの状態計測とその応用」 基礎講習会のお知らせ

 

2014年度第2回NU-CAR基礎講習会

「ドライバの状態計測とその応用

」を2014年12月19日(金)にNU-CARで開催します.講師は栗谷川幸代先生で,講習内容は次の通りです.

  • ドライバの状態計測に関する研究事例
  • 実験協力者による実験の要件
  • 自律神経系指標の計測方法と解析方法(心拍,呼吸等)
  • 生体計測のデモンストレーション

なお,賛助会員の皆様は各社1口2名まで無料でご参加できます.一般の方の受講料は15,000円です. 申込はWeb上の問い合わせフォーム,あるいはe-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 で12月17日(水)までにお申込下さい.

社会人博士後期課程学生募集

2014年12月20日(土),日本大学大学院生産工学研究会では「進学説明会」を行います.

一般的に進学説明会といえば学生のためのものという第一印象を持たれる方が多いと思いますが,ポスターをご覧になっていただけるとわかるように,NU-CARでは「社会人博士後期課程学生」をこの機会に考えてみたい皆様に沢山ご参加いただきたいと考えています.

NU-CARには副センター長が2名居ますが,どちらも企業に在職中社会人学生として学位を取得しました.来年度入学を希望される方に限らず,将来学位取得を目指してみたいと考えている方は,是非ともこの機会をご利用下さい.自動車工学リサーチ・センターの教授の下で学位取得に向けての研究を希望される方は,以下の問い合わせフォームから事前にメッセージをいただければ,当日関連する教授をご紹介いたします.

"スコアが良くなる運転姿勢"記事に取材協力

車でゴルフに行く皆様必見!,”スコアが良くなる運転姿勢”というゴルフ雑誌 「Golf Digest」最新号(2015年1月号)の記事に,日本大学生産工学部 自動車工学リサーチ・センター(NU-CAR)が協力しました.このような内容の取材は初めてでしたが,NU-CARで人間工学を専門とする先生2名が取材に対応して記事はできあがりました.NU-CARでは,自動車に関する様々な取材に応じることができます.自動車に限らず,鉄道や航空機の専門家の先生もおりますので,何なりとお問い合わせください.

学術講演会が開催されます

2014年12月6日(土),日本大学生産工学部では学術講演会を開催します.自動車工学リサーチ・センターの各先生及び学生から多数の研究発表がありますので,プログラムをご確認いただき,多数の皆様のご参加をお待ち申し上げております.

午後5時20分からは懇親会(参加費無料)も予定しています.NU-CARの先生方が多数参加いたしますので,各社で研究開発に携わっている皆さまは是非ともこの機会に生産工学部及び自動車工学リサーチ・センターへお越しください.

受験生スペシャルサイト

自動車工学リサーチ・センター副センター長の研究室が,日本大学生産工学部の受験生スペシャルサイトトップの4枚目写真として利用されました.副センター長の古市先生はモデリング&シミュレーションが専門で,この写真中奥の大画面に投影されているのは,ある都市における交通シミュレーションを行っている様子です. 左側のモニタに表示されているのは,我が国でも今年から各地で導入が始まったラウンドアバウト型の交差点です.当研究室では,未来の社会の中でどのようなクルマ創りが国民の皆さんから期待されるか,それをモデリング&シミュレーションの技術を使ってわかりやすく可視化しています.受験生スペシャルサイトにおいては,このような課題を一緒にモノづくりを通して解決したいと希望する学生を多く集めたいと考えています.

サイトのリニューアル作業中

2014年11月24日(月)より,CAE2015フォーラムの開催に向けてNU-CARのホームページを順次更新中です.更新作業中,過去の記事のが見られない場合が生じますが,ご了承願います.

 

NU-CARニュース(速報)

NU-CARの新メンバとして,12月1日からミシシッピ州立大学の本山恵一教授が加わることになりました.詳細は後日ご紹介いたします.

NU-CARニュース(速報)

日本大学生産工学部のホームページトップに,上記画像を小さくしたバナーを掲載しました.この画像は創生デザイン学科3年の渡辺君に描いてもらったミライの車がある風景の中の1枚です.

日刊工業新聞に広告を掲載

2014年11月14日(金)の日刊工業新聞に,NU-CARの広告を掲載しました.

<広告記事より抜粋>

日本大学生産工学部は,「ものづくり」を特色として産業界に近いという強みを持っていることで良く知られてます.これまで45年にわたり,学部3年次に全員が必須科目として体験する外部企業等における生産実習(インターンシップ)を実施している他,企業などからの技術相談や技術指導,委託研究,共同研究などによる産学連携を推進しているのが特徴です.

続きを読む: 日刊工業新聞に広告を掲載

    image
    image
    image
  • 1
  • 2